アフィリエイトで必要不可欠な4つのスキルを解説|学習法も公開

アフィリエイトで必要不可欠なスキルは、以下の4つです。

  • Web文章を書くスキル
  • コピーライティングスキル
  • 検索意図を推測するスキル
  • 情報を抽象化するスキル

ただもしかすれば『アフィリエイト』と聞くと、難しいパソコンスキルであったり、何か難しいスキルをイメージされていたかもしれません。

しかし、安心してください。

アフィリエイトで必要なスキルはそういった難しいパソコンスキルや、何か特別なスキルでは一切ありません。

なので、

「私、パソコンを操作するのが苦手で・・・」
「昔から勉強は苦手で・・・。」

と尻込みしなくても全く問題ありません♪

その上で、この記事ではアフィリエイトで身に付けておくべき4つのスキルを、1つずつ丁寧に解説をしていきます。

実際に、今回ご紹介させて頂くスキルは私がこれまで数十冊の書籍・商材を読み込んでたもののを体系化したものです。

アフィリエイトで学ぶべきスキルについては、とことん分かりやすく、網羅的にこの記事でご紹介をしていますので、もし

「アフィリエイトで収益に繋がるスキルを学んでおきたい」

とお考えなら、是非今回の記事を参考にしてみてください。

それでは、早速始めていきましょう。

アフィリエイトで必要不可欠な4つのスキル

改めてアフィリエイトで必要不可欠なスキルは、以下の4つになります。

  • Web文章を書くスキル
  • コピーライティングスキル
  • 検索意図を推測するスキル
  • 情報を抽象化するスキル

それぞれ詳しく解説を進めていきますね♪

Web文章を書くスキル

Web文章を書くスキルとは、Web記事で読みやすく、分かりやすい文章を書くためのスキルの事です。

アフィリエイトは主にコンテンツ(記事)を作成し、その作成したコンテンツから収益を上げていくビジネスモデルに他なりません。

なので、アフィリエイトというビジネスモデルの特性上、そこで示すコンテンツのほとんどは”頭”から”つま先”まで「文章」で構成される事になります。

「YouTube」や「SNS」等を用いて、アフィリエイトしていきたい商品を紹介し、収益を上げていくスタンスを取っているアフィリエイターさんもいます。

そのため、書き手側はまずその文章で伝えたい事を読み手に理解させ、納得させていく必要があります。

少なからず、

「この書き手の言っている事が良く理解出来ない」
「この書き手の言っている事に納得出来ない」

と読み手側に思われてしまっては、その読み手に商品やサービスをアフィリエイトしていく云々の話ではないからです。

言い方を変えれば、書き手側としてはまずその伝えていきたい内容を読み手に理解させ、納得してもらう所から始めなければならないという事です。

そして、『Web文章を書くスキル』はWebのコンテンツを作成する際の「お作法(ポイント)」を正しく押さえていけば、誰しも読み手を理解させ、納得させる事が出来る文章を書けるようになります。

逆に、この『ポイント』を押さえず記事を量産し続けても、その努力が成果としては実りにくい傾向にあるのです。

例えば、Web記事を作成していく際は、読み手に対して読みやすく、分かりやすい「書き出し」「本文」「締め」を書く必要があります。

ただ、アフィリエイターさんの中にはその記事内容とは無関係な内容を書いている人や、締めの構成が半ばテキトウに書いている人も少なくありません。

しかし、書き出しから締めまでの内容を読み手に理解させ、納得させるには上記で示した『Web文章を書くスキル』を身に付けておく事が欠かせません。

その上で、この『Web文章を書くスキル』は以下の教材でスキルアップを図る事が出来ます。

>Web文章を書くスキルを引き上げる「才ゼロ」(準備中)

もしあなたがWeb文章の書き方のお作法(ポイント)を知りたいとお考えなら、上記の教材は『Webの文書を書く力』を一気に底上げしてくれるものですので、是非参考にしてみてください。

コピーライティングスキル

アフィリエイトで収益を発生させるためには、このコピーライティングスキルに掛かっていると言っても過言ではありません。

コピーライティングスキルとは、魅力的な文章で商品をアピールし、消費者を商品の購入へと導くための文章スキルの事です。

主に、アフィリエイトでは他者の(他社の)商品やサービスを文章でアピールする事が多い傾向にあります。

なので、紹介したい商品やサービスのアピールポイントや、売り込みポイントを魅力的な文章で読み手に伝える事が出来れば、

「この商品は欲しい!」
「このサービスは使ってみたい!」

上記のような気持ちを読み手から引き出せるのです。

裏を返せば、

「この文章じゃイマイチ商品内容がイメージ出来ない」

と読み手に思われ、商品・サービスそのものに興味すら抱いてもらえない状態では、アフィリエイトで成果を出す事は難しいのが現実です。

実際に、大半のアフィリエイターさんは商品やサービスをレビューする際、商品の販売ページに記載されている内容を「まとめる」だけのレビュー記事を作成している傾向にあります。

また、そのレビュー記事の中にはその商品・サービスを販売している販売者さんに「肩入れ」している人も少なくありません。

しかし、こういった販売者に肩入れをしたレビュー記事は、読み手側がその商品やサービスを購入する上での「判断材料(参考材料)」としていきたい記事とは程遠いにものだと思います。

なぜなら、読み手側の多くが求めているものは肩入れをしたレビュー記事ではなく、商品に対しての率直な「感想」や「評価」なはずだからです。

そうは言っても、その商品に感じた魅力であったり、売り込みポイントを

「どのように文章で表現していけばいいのか」

について、ほとんどの一般書籍や電子書籍では解説されていないのが実状です。

ましてや、Webに特化した形で『どうすれば紹介したい商品・サービスを魅力的な文章で伝えられるのか』について、そのメソッドを体系化している一般書籍・電子書籍は、ほぼ皆無です。

ただ、私の知る限りでは一つだけ、そのメソッド(=コピーライティング)を体系化してくれている教材があります。

>コピーライティングの真髄を学べる「The Million Writing(ミリオンライティング)」

なので、もしあなたが

「商品を魅力的にアピールしていきたい」
「商品の購買へと導きたい」

とお考えなら、上記の教材でコピーライティングの学びを深めていってください♪

検索意図を推測するスキル

アフィリエイトで収益を得ていくには、多少なりともコンテンツ作り(記事作り)は避けては通れない道です。

ただ、収益を上げていくには闇雲にコンテンツを量産し続けても、その努力が成果として実るとは必ずしも限りません。

そこで示すコンテンツ(記事)は読み手に対して何らかの価値を提供出来るものでなければ、読み手から「この商品・サービスが欲しい!」と思ってもらえない可能性が高いからです。

なので、日記のように「自分の書きたい事を書く」というスタンスでは、中々収益化を図るのが困難であるのが実状です。

その上で、アフィリエイトはより多くの記事をインターネット上にアップし、その記事から集客を図ったり、購買を促したりするコンテンツが大半を占めます。

したがって、記事をネット上にあげていく以上、書き手は「検索窓」にキーワードを打ち込む「検索ユーザー」の気持ちを読み解きながら、Web上の記事を作成していく必要があるのです。

言い方を変えれば、そのキーワードで検索しているユーザーが

  • どのような悩みを抱えて検索をしているのか
  • どのような願望を抱えて検索をしているのか

ついての意図を推測した上で、記事作りは行わなければならないという事です。

例えば、検索ユーザーが「カップル 温泉」と検索窓に入力し、検索を掛けたとしたら、この検索ユーザーさんはどんな悩み・願望を抱いていると思いますか?

もし先ほど解説させて頂いた検索ユーザーの目線が抜け落ちてしまっていたら、

「カップルにオススメな温泉を紹介する記事を作成すれば良いのかな」

と思われるしまうかもしれません。

しかし、このユーザーさんは『カップルにオススメな温泉を紹介している記事』を求めているわけではありません。

何故そう言えるのかというと、それはGoogleの検索結果一覧を見れば、一目瞭然だからです。

上記の通り、実際は「カップルにオススメな宿泊プラン・温泉プランが紹介されている記事」が上位表示されていると思います。

つまり、この検索ユーザーさんが求めている情報は『カップルにオススメな温泉を紹介している記事』ではなく、よりまったり、ゆったり出来るような『カップルにオススメな宿泊プラン・温泉プランが紹介されている記事』を求めていると推測出来るのです。

なので、記事を作成していく際は検索ユーザーさんの検索意図をもとに、記事の土台は作成していく必要があります。

逆に、検索ユーザーさんの検索意図を推測せず記事を作成してしまうと、完全に的外れな記事が出来上がってしまう可能性が高いです。

そして、仮にそういった的外れな記事をどんなに量産していったとしても、そういった記事で上位を勝ち取る事は、難しいのが現実です。

このように、アフィリエイトで記事を作成していく際は検索意図を推測した上で、検索意図と合致した記事を作成していく事が大切なのです。

「検索意図=記事内容」

上記のイコール関係が成り立ってこそ、検索ユーザーさんに喜んでもらえる”最上のコンテンツ”が出来上がります。

もっと言えば、「検索意図=記事内容=キーワード選び(記事タイトル)」が合致してこそ、検索ユーザーさんから「こんなコンテンツを探してたんです!」と喜んでもらえる”極上のコンテンツ”が出来上がります。

もし記事内容と記事タイトルが乖離していたとしたら、「結局釣りタイトルか!」と検索ユーザーさんに思われてしまう可能性も否定出来ません。

だからこそ、『検索意図=記事内容=キーワード選び(記事タイトル)』は、全てイコール関係で成立している事が重要です。

そこで、もしあなたが『検索意図』についての学びを深めていきたいとお考えなら、以下の教材がオススメです♪

>「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘」(P32〜P73ページ)(準備中)

検索意図を推測するスキルはインターネット上に記事をアップし続けていく以上、そのスキルに磨きを掛けていく道は避けては通れません。

そして、このスキルの精度を上げていくには、結局のところ

  • どれだけ検索意図を意識しながら記事を作成出来るか=量の視点
  • どれだけ検索意図の質を追求出来るか=高さの視点

上記2つの視点を持っておく事が重要です。

ただ、この検索意図を推測する力は一朝一多で習得出来るものではないため、そこには多少なりとも『量をこなしていく過程』が欠かせません。

そして、その『量をこなしていく』過程で、質の高さを維持出来るかによって、このスキルをいかに向上出来るかが決まります。

是非ここまでのポイントと上記の教材を参考にして頂いた上で、このスキルに磨きを掛け続けてください♪

情報を抽象化するスキル

情報を抽象化するスキルはアフィリエイトを長期的に行っていく以上、必ず身に付けておくべきスキルです。

情報を抽象化するスキルとは、一見無関係無さそうなジャンル(カテゴリー)から情報を収集し、その情報を自分の発信しているジャンルに応用させていく事です。

なぜなら、情報を抽象化するスキルを身に付けておけば、ありとあらゆるジャンルで発信されている情報が、自分の記事ネタになるからです。

しかし、多くのアフィリエイターさんは『情報を抽象化するスキル』にあまり重きを置いていない(気付いていない)傾向にあります。

その結果、アフィリエイターさんの中には検索結果で上位表示されているサイトから手に入れた情報を、まとめただけの記事を作成してしまっている人も少なくありません。

イメージとしては以下のような感じです。

上記は検索結果上位に表示された内容を所々掻い摘み、それを自身のコンテンツとして作成している例になります。

しかし、上位表示されているサイトの内容を掻い摘んだだけの記事では、どうしても似たり寄ったりな記事になってしまう傾向にあります。

言い方を変えれば、誰でも簡単に作れる

「レトルトカレー」

的なコンテンツと言ってもいいかもしれません。

表現(盛り付け)は違えど、中身(味)はほとんど変わっていない記事になってしまうのです。

ですが、検索ユーザーさんが求めている記事は、レトルトカレー的なコンテンツではないと思います。

もし検索結果一覧に表示されたサイトの大半が、どれもこれも一緒な内容で書かれていたらどうでしょうか。

少なからず、そういった似たり寄ったりした記事が検索結果一覧に表示されている状況は、検索ユーザさんが考える便利さとはほど遠いはずです。

だからこそ、記事を作成していく際は単に上位表示されているサイト(ブログ)の内容をまとめるのではなく、異なるジャンルから入手した情報を抽象化し、発信していく事が大切なのです。

実際に、以下は私が「とあるアニメのキャラクターがレトルトカレーを作っていた場面」をたまたま目にした際に、そのシーンを抽象化したものです。

【起きている事象(出来事)】
あるアニメキャラクターがレトルトカレーを作っている

【抽象化】
上位サイトに書かれている内容を単にまとめただけのコンテンツに価値があるのだろうか。そして、そういったコンテンツを観覧したユーザーさんは、本当に満足してくれるのだろうか。おそらく検索ユーザーさんの多くは、そういったレトルトカレー的なコンテンツではなく、もっと独自の視点(その人にしか持っていない視点)で作られた「手作り感」のあるコンテンツを望んでいるでは?

【アクション(実践)】
アフィリエイターにとって必要なスキルの一つには、異なるジャンル(カテゴリー)から情報を引っ張ってきて、それを抽象化出来る能力なはずだ。

一見すると『あるキャラクターがレトルトカレーを作っているシーン』は、アフィリエイトとは何の関係も無さそうに思えます。

しかし、実際はそういった普段から日常的に触れている「ニュース」「アニメ」「映画」等を通じて、多くのヒント(アイディア)がそこに詰まっているのです。

現にこの記事においても、私は『あるアニメキャラクターがレトルトカレーを作っているシーン』をたまたま見て、

「このシーンを抽象化すれば、アフィリエイトで必要なスキルに悩んでいる人に対して、何か良い気付きを与えられるのではないか」

と思い付きました。

なので、普段からどれだけ抽象化していく「アンテナ」を立てて、他の分野にアクション(実践)していく意識を持てているかが、とても重要です。

仮に今すぐ使えない抽象化した情報でも、その抽象化した情報を日々ストックしておけば、時が熟した時に「ストックしておいた情報」と「新たに仕入れた情報」とがマッチング(調和)する時もあります。

そして、そういった情報をどれだけ蓄え、情報の質を高めてきたかによって、記事の質は大きく変わってくるのです。

こうした工程を経て作成した記事はレトルトカレーではなく、熟成した本物の「手作りカレー」のようなコンテンツが出来上がります。

ただ、この『情報を抽象化するスキル』で、Web上の記事を作成していくにあたっては、一つだけ注意点があります。

その注意点とは情報を抽象化し、アクションしようとしている段階はまだあなたの「仮説」に過ぎないという事です。

その抽象化し、アクション(実践)しようとしている段階はあくまでも

「この抽象化した情報はこのキーワードで悩んでいる人にアクション出来るかもしれない」

一つの仮説に基づいた「主観」でしかありません。

仮に書き手側がこの抽象化した情報をアクションすれば、ユーザーさんに価値を提供出来ると思っていても、その記事を目にしたユーザーからすれば

「こんな記事は求めてないんですけど」

と思われてしまう可能性も否定出来ないのです。

なので、記事を作成していくにあたっては、まずその抽象化・アクションしようとしている情報(元ネタ)が主観である事を念頭に置いた上で、そこに客観的な

「指標(メス)」

を入れていく必要があります。

そして、その指標になるものこそ、前項で解説させて頂いた「検索結果一覧から検索ユーザーの検索意図」を読み解く工程なのです。

主に、Googleの検索エンジンは検索ユーザーが「どういう意図を持って、そのキーワードを入力しているのか」を分析し、その検索意図に最も近いであろうサイトを上位表示させていると言われています。

であれば、その検索キーワードで上位表示されているサイトを分析すれば、必然的にそれは

「ユーザーさんが求めている情報は何なのか」

に近い答え(ヒント)を得る事が出来るわけです。

ただ、上位表示されているからと言って、「検索結果1位のサイト=検索意図が100%合致している」とは限りません。

むしろ、検索上位に表示されているサイト(ブログ)であっても、「検索キーワード」と「検索ユーザーの検索意図」が食い違ってるなんて事も普通にあります。

なので、実際に検索意図を推測していく上では、上位表示されているサイトから検索意図を読み解きつつ、ユーザーさんは本当にその検索意図で検索をしているのかを深く洞察してください。

この深く洞察し検索意図を読み解く工程は、上位表示されているサイトを漠然と眺めているだけでは決して見えてきませんので。

このように、記事を作っていく際は

  • 抽象化し、アクションしようとしているネタ(情報)=主観 
  • 検索結果からユーザーの検索意図を可能な限り推測する=客観

上記2つの工程は必ず踏むようにしてください。

どちらか一方でも欠けてしまうと、「そんな情報は求めていません!」と検索ユーザーさんに思われてしまうか、「また同じような記事か」という悪印象を与えてしまう可能性があるからです。

最後に、『情報を抽象化するスキル』を磨いていくための参考記事を示しておきますね♪

>Scrapboxは情報をアップデート化する最高のツール

まとめ:アフィリエイトで必要不可欠な4つのスキルを解説

以下、本日のまとめになります。

  • Web文章を書くスキルはいかに読み手を理解させ、納得させる
  • 商品を魅力的にアピールし、提案していくためにはコピーライティングスキルに磨きを掛け続けていく必要がある
  • 検索意図を徹底的に推測し、「検索意図=記事内容=キーワード選び(記事タイトル)」が一致してこそ、最上のコンテンツになる
  • 情報を抽象化する力を身に付けておけば、いかなるジャンル(カテゴリー)から手に入れた情報も、記事ネタとしてアクションする事が出来る

是非、上記4つのポイントを頭に入れて頂いた上で、アフィリエイトに必要な4つのスキルに磨きを掛け続けていってください。

それでは、この度はご購読頂きありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

>コンテンツ一覧へ