THE THOR(ザ・トール)アップデートの方法を詳しく解説

WordPress有料テーマTHE THOR(ザ・トール)の「無料アップデート」の方法について、まとめました。

もしかすればTHE THOR(ザ・トール)のアップデートの方法がいまいち分からず、中々アップデートが出来ずにいるかもしれません。

当の私自身も「THE THOR(ザ・トール)ってどうやってアップデート出来るの・・・。」と、少し戸惑ってしまった時期がありました。

なので、この記事では図解を交えながら「THE THOR(ザ・トール)」のアップデートの方法について、THE THOR(ザ・トール)の公式サイト(操作マニュアルサイト)よりも丁寧に解説を進めています。

是非、参考にしてみてください。

それでは、早速始めていきましょう。

「ID・アカウント発行フォーム」に申し込む

「THE THOR(ザ・トール)」購入時に配信されてきた上記件名のメールを開いてください。

そのメール文面中に記載された赤枠部分に囲われている「ID・アカウント発行フォームURL」下部の「URL」をクリックしてください。

社名 or 屋号 こちらは未記入でも問題ありません。
代表者名 氏名を入力してください。
代表者名(フリガナ) フリガナを入力してください。
テーマ購入時のメールアドレス テーマを購入した際のメールアドレスを入力してください。
テーマをインストールしたサイトURL  テーマをインストールしたURLを入力してください。

上記必要項目の入力完了後、最後に「メールを送信する」をクリックしてください。

申し込み完了後、「THE THOR ID・アカウント発行フォーム自動返信メール」と記載された件名のメールが、一通配信されてきます。そちらのメールに記載されています文面通り、「ユーザーID」が送付されてくるのは1〜2営業日程度掛かるそうなので、それまでしばらく待ちましょう♪

「更新用ユーザーID」をWordPressの管理画面に入力する

『ID・アカウント発行フォーム』の申し込みから数日後、「ユーザーIDご送付のご案内」と件名に記載されたメールが一通配信されてきます。

そのメール文面中に記載されている「更新用ユーザーID」以降の文字列(青枠部分)をコピーしてください。

「更新用ユーザーID」以降の青枠部分は全てコピーしてください。ある特定部分のみをコピーするのではなく、青枠部分全てをコピーするようお願いします。更新用ユーザーIDをWordPressの「ユーザーID設定」という項目に正しくペースト出来ていないと、テーマの更新が出来ない仕様になっているので注意してください♪

「更新用ユーザーID」を入力する

WordPressの管理画面を立ち上げ「外観」→「カスタマイズ」をクリックしてください。

「基本設定[THE]」をクリックしてください。

一番下の項目にある「ユーザーID設定」をクリックしてください。

先ほどコピーをした「更新用ユーザーID」を上記の赤枠部分にペースト(貼り付け)してください。

最後に「公開」をクリックしてください。

「公開」ボタンを押さず(クリックせず)、WordPressの管理画面を閉じないよう注意してください。ユーザーIDが保存されず、テーマのアップデートが出来なくなってしまいますので。

「THE THOR(ザ・トール)」をアップデートする

再びWordPressの管理画面に戻ると、「更新●(1以上の数字)」と記載された状態になっているかと思います。

「更新●(1以上の数字)」をクリックしてください。

ページ下部にスクロールして頂き上記の通りにチェックを付け、最後に「テーマを更新」をクリックしてください。

もしTHE THOR(ザ・トール)をアップロードする項目がない場合は❶既に使用しているテーマが最新版または❷「更新用ユーザーID」が正しく入力されていないかのどちらかになります。

テーマのアップロードが無事完了すれば、「THE THOR の更新に成功しました。」というページに切り替わります。

以上で、THE THOR(ザ・トール)のアップデートは完了です。

お疲れ様でした♪

THE THOR(ザ・トール)アップデートの方法:まとめ

THE THOR(ザ・トール)のアップデートはこれからも引き続き行われていく事が予想されますので、ここで解説をさせて頂いた手順を参考にして頂ければと思います。

ただ、この他にもTHE THOR(ザ・トール)で設定しておくべき(しておく事がオススメな)項目は幾つかあります。

その設定しておくべき(しておく事がオススメな)項目については、以下の関連記事の方で解説をしていますので、以下の記事も参考にして頂けたら嬉しいです。

>THE THOR(ザ・トール)の関連記事はこちらから

それでは、この度はご購読頂きありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。